IAPH 国際港湾協会

IAPH 国際港湾協会

活動の目的 | 沿革 | 活動概要会員と組織運営 | 組織図

6地域体制

現在当会は世界を以下の6つの地域に分け、それぞれに副会長を置き、自主的・民主的な運営を行っております。

1) アフリカ
2) 中南米
3) 北米
4) 南西/東アジア、中東
5) 東南アジア、オセアニア
6) ヨーロッパ


日本は4) 南西/東アジア、中東地域に属します。
地域割の詳細については、 こちら(英文)をクリックしてください。


新執行部の発足

旧定款下では、加盟国単位で選出された理事から成る理事会が政策決定機関として、また理事会のなかから選ばれた一部の構成員から成る常任理事会が執行機関として協会活動の運営の責任を担ってきましたが、現在は以下の構成員からなる評議会(Council)がその役割と任務を引き継ぎ、会の運営にあたっております。

●執行理事(Executive Director): 会長と6地域の副会長の計7名で執行理事会(Board)を構成し、議決機関となる。議長は会長
●理事(Non-Executive Director): 直前会長、総会副会長、事務総長、政策・戦略担当専任理事、各内部委員会の長、各技術委員会の長、フォーラム、下部組織やその他の取り組みの代表(最大3名)、賛助会員代表(1名)