IAPH 国際港湾協会

2016年度海外港湾研究報告

第6回研修は2016年7月から2017年1月までの半年間にわたり、4回計8日間の国内研修と8日間の海外研修(シアトル港、タコマ港、ロサンゼルス港)を行い, 以下の通り研究成果を発表しました。

1.2016年度 国際港湾経営研修 海外港湾事例研究報告 (報告本編)
2.シアトル港とタコマ港の経営と戦略   (報告 / プレゼン資料)
3.北西港湾連合(NWSA)の設立    (報告 / プレゼン資料)
4.北西港湾連合(NWSA)の基本戦略 (報告 / プレゼン資料)
5.ロサンゼルス港と北西港湾連合(NWSA)のコンテナ戦略 コンテナ船大型化と自動化への対応(報告 / プレゼン資料)
6.ロサンゼルス港の港湾経営と環境戦略 (報告 / プレゼン資料)
7.シアトル港とロサンゼルス港のウォーターフロント開発 (報告 / プレゼン資料)