IAPH 国際港湾協会

IAPH 国際港湾協会

IAPH ニュース

2018年日本セミナー

2018年7月11日に開催された第31回日本セミナーでは、中国・広州港集団公司の張 建華 副社長による広州港と2019年5月に予定されているIAPH広州総会の紹介、 韓国海洋水産開発院の金亨泰 先任研究委員による韓国の港湾物流についての講演がありました。セミナー後半では、本年5月にアゼルバイジャンのバクーで開かれたIAPH中間年総会に参加された 2人の日本会員による報告が行われ、活発な質疑応答も交わされました。

本セミナーは、海外のIAPH会員を講師として招聘し、海外の最新の港湾事情を日本の会員に提供し、また相互の友好交流の場を提供しております。

2018年中間年総会

2018年中間年総会 5月8日から11日まで国際港湾協会中間年総会がアゼルバイジャンの首都バクー(通称カスピ海の真珠)で成功裏に開催されました。中間年会議としては過去最多の参加者、世界65ヶ国から400名の参加を得、盛大に執り行われました。開会式は近代バクーの象徴であるヘイダル・アリエフセンターで行われ、古代シルクロードの重要な交易拠点であったバクーが今日カスピ海沿岸貿易の現代版シルクロードである一帯一路の重要なハブ拠点となっている経緯も映像にて紹介され、会議のテーマである「未来の港:ハブ港建設とより一層の接続性を」を否応なく引き立たせ、翌日から始まったセッションへの大きな期待を盛り上げました。
セッションを盛り上げたのは世界に冠たるターミナルオペレーターであるDP Worldの最高経営責任に者のSultan Ahmed Bin Sulayem, インドネシアの主要港湾を全て束ねる会社社長のElvyn G. Masassya等多彩なスピーカー達でした。テーマ―も多岐に亘り、LNGバンカーリング、港湾のデジタル化、グリーンな船舶とロジスティックス、資金調達等々でした。細部は以下をご覧ください。
http://www.iaphbaku2018.com/

世界港湾便り

会員港のニュースが英語でご覧頂けます。

(IAPH Online Newsより)

アフリカ・ヨーロッパ地域

アメリカ地域

アジア・オセアニア地域


フェイスブック

 IAPHがFacebookに登録されました。
 詳細は以下でご覧下さい。

Facebook